施工手順

タイル下地の注意

1. タイルの浮きのチェック

■古いタイル壁面では浮き・剥がれていることが多く、金槌等による打音検査にて状態を確認してください。
◎「コンコン」という下地から響くような音はOK。「カツカツ」と浮きのあるような音はNG。
■浮き・剥がれタイル面での対策◎剥がれた部分へのモルタルを充填してください。
◎小部分の浮きについては、浮きのあるタイル部分にドリルで注入孔をあけて接着剤を注入してください。

2. タイル表面の汚れ具合をチェック

  1. 中性洗剤で拭き取り
  2. 水拭き
  3. 空拭き

3. タイル表面の不陸のチェック

■波打っているタイル壁面があるので、直定規や下げ振りレベルにて不陸の具合を確認してください。
■不陸のある場合
  1. 3mm までの不陸は施工用両面テープ(厚さ1mm)の重ね貼りで対応してください。
  2. 3mm 以上はボードの捨て貼りで下地を作成してください。

製品ラインアップ